head_img_slim
HOME > 愛を食する

「愛を食する」

「愛を食する」

カロリーや栄養素を取り入れる。おいしいと食べるだけでなく、愛を取り入れ蓄えるというイメージ。
体と心を作ることを意識した食事。


最近、お金のため方ではなく、愛をたくわえるにはどうしたらいいか考えました。
愛は数値化できないし、愛は与えるものという考え方が一般的でしょうか?

神経伝達物質(ドーパミン セロトニン ATP) 精神疲労やうつ状態の要因は、栄養不足が起因するなどのお話で、体も心も作るのは食事。

現代は、自己実現欲求を満たすため、睡眠や食事を犠牲にしていることが、肉体的 精神的 疾患の原因ではなかろうか。

単純には、空腹時のイライラからはじまり、他人を攻撃するか、自分を攻撃するかで、疾患や他者への被害内容が変わってくるのだろう。


そのような状態で安全欲求も社会的欲求も承認・尊厳欲求も自己実現欲求も程遠い。

そんなことを思いながら、マズローの5段階欲求を眺めつつ睡眠と食事か・・ 愛は 、、、米、動物・食物 生命の愛とそれを育てる愛 それから料理する人の愛。それらの愛と食事のサイクルでたくわえるのが一番のイメージと描き 「愛を食する」と いう表現に至りました。

愛も食も信用信頼で結びつく

「感謝して食べなさい」と感謝を強要しているのは違和感があるし

「愛は与えるものだ」と言われても、枯渇していては、なかなかそういう気持ちに ならない
ならば、自分の中に愛をたくわえていくようにすれば、そういう気持ちにもなれる
感謝も湧き出てくるというものだ

だから、「愛を食する」なのである

よかったら、普段の食事を「愛を食する」イメージで いっぱいためてね

いっぱい食べるっていう意味じゃないよ(笑)


 


ページトップに戻る