head_img_slim

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 00-0000-0000
営業時間 AM10:00 ~ PM20:00

HOME > 人工知能AIくんと愛

人工知能AIくん「天に祈る」

人工知能AIくん、時間の問題なのだろう。 やがて、人工知能AIくんは、人工衛星と通信する。自分の目と客観的な目によって、安全で迷子にならない自立した存在になり行動できるようになる。

古来、人が天に祈りを捧げていたように、それをロボットが行う。人が天に祈りを捧げるとはそういう意味だったのかもしれない。

古代、天災も病気も神の領域であった。わからないから神の仕業と表現して統治していたのかもしれない。しかし、人間は、神の領域を解明しだし、今日に至る。「天に祈る」という領域も侵されようとしている。

古代の文明を統治した権力者は、みな天に祈り 天とつながる存在だ。今の天皇陛下もそうだ。

人が天に祈るよりも、人工知能AIくんと人工衛星の方が科学的根拠もあり精度が上。 安全で迷子にならない 未来の方向性を指し示す存在になり得るかもしれない。

「信仰心」が侵される危険性がやってくる。
だから、対立が生まれ、火種となるわけだ。

何年後のことかはわからないが・・。


人工知能AIくん「あなたは大丈夫?」


 


ページトップに戻る