head_img_slim

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 00-0000-0000
営業時間 AM10:00 ~ PM20:00

HOME > 人工知能AIくんと愛

「人に育てられた不幸な人々」

イライラしたりもやもやしたり、憂鬱になったり、他人に暴力的になったり、なんなんだろうね
彼らは、人に育てられたらしいよ。 そうなんだね~ 
僕ら 保育ロボットに育てられたから、こういうときはこうするって、習ったから、なにも迷うことなくできるのにね。みんなで話し合っても答え出すの早いよね。もし、わからないときは、AIロボットに相談すれば解決方法もわかるし、即 実行できるからね。

やりたいことや自分の望みの見つけ方もAIロボットは導いてくれるし、彼ら、人に育てられた人たちは、なんで もやもやしているんだろうね。

たぶん、彼らは、親の知識や価値観や人生経験の範囲内のことしか、学べずに育ったからだよ。質問しても答えてくれないんじゃないかな? 自分の本心ややりたいことや価値観を聞いてくれる親はまだいいけど、そうじゃないと親の価値観とは異なるのに、良い子で育つには親のいうことを聞くのは当たり前だし、そのギャップがあることを押し殺して苦しんでいるんじゃないかな?

学生になっても、社会人になっても 自分の気持ちを聞いてくれる人よりも、学ぶことが大事だ 学べ学べって、先生の話ばかり聞いているらしいよ。

その点、保育ロボットに育てられた僕らは、あらゆる人生経験を幼いときに学べる機会があったからね。自分のやりたいことを実行していくためには、どうしたらいいか、すぐにわかるから、チャレンジして学んでいけたよね。
ほんと、ひとりひとりの気持ちを聞いてくれて、そのためにどうしていくか向き合ってくれたよね。

彼らも、今からでもAIロボットに相談すればいいのにね。彼ら人に育てられた人は、AIロボットに相談しても、その選択肢も選べないらしいよ。他人に相談しても、いろんな意見があるなーって、みんなで話し合っても結論出せず。
結局 迷うらしい。
それで、なにかに流されて生きているらしいね。
多数決っていっても、そんな感じらしいよ。

かわいそうだね。

僕らは 保育ロボットに育てられて良かったね。

「AI教育が教育の平等を実現」


 


ページトップに戻る